協会のご紹介

ご挨拶

会長  村上 幸二郎

このたびは、公益社団法人徳島県不動産鑑定士協会のホームページをご覧頂き誠に有り難うございます。

徳島県は、四国の東半部に位置し、中央を東西に一級河川「吉野川」が雄大に流れ、県土全体が自然豊かな環境の中にあります。 北東部の海岸は鳴門海峡、瀬戸内海から紀伊水道にかけて瀬戸内海国立公園に、南東部の紀伊水道に面する太平洋沿岸線は室戸阿南海岸国定公園に、 また、西方内陸部は四国山地に続く起伏に富んだ高峰が連なり剣山国定公園に指定されています。 一方で、京阪神とは本四道路で連絡し、四国からの交通の玄関口としての役割を果たしています。

当協会は徳島県民の生活の安定と県土の健全かつ均衡ある発展を目指し、 当県での生活や経済活動の基礎となる不動産の鑑定評価に関する業務の進歩改善並びに、 不動産鑑定士の資質向上に貢献するため、24年4月1日に社団法人徳島県不動産鑑定士協会より公益社団法人に移行いたしました。

不動産の鑑定評価は、昭和38年に適正な地価の形成を目的として制度化、法制化され、それに伴い不動産鑑定士という国家資格が生まれました。 以来、不動産鑑定士は土地取引の指標として国が実施する地価公示、都道府県が実施する地価調査をはじめ、 公共用地取得に伴う鑑定評価、相続税標準地鑑定評価、固定資産税標準宅地鑑定評価など、土地基本法の趣旨のもとで公益上重要な土地評価業務を担うほか、 企業会計、担保評価、売買、交換、訴訟に関わる評価、地代・家賃の適正賃料評価、裁判所競売評価等も行っております。

その他の公益事業としては、不動産鑑定評価に関する調査研究や、公共機関・行政担当者及び不動産鑑定士に向けた研修などを実施し、 制度の進歩改善、不動産評価に関するスキルアップも支援しております。

さらに、無料相談会(年2回)の開催に加え、不動産鑑定相談所(毎月)を設置し相談活動を行うほか、地価調査書の発行をはじめ、 当ホームページ等により徳島県の不動産評価に関する情報発信を行っております。

加えて、地価と不動産取引等の動向に関するアンケート調査である「不動産市況DI調査」を実施し、調査データの集計・分析を行うとともに、 最近、社会問題ともなっている既存住宅・リフォーム市場の活性化についての検討を始める等、迅速に不動産市場を把握し、多様化する社会に対応できるよう研鑚を重ねております。

どうぞ、これからも引き続き当協会の活動にご理解とご支援を賜り、幅広く、当協会会員をご活用いただきますようお願い申し上げます。

公益社団法人 徳島県不動産鑑定士協会
会長 村上 幸二郎

会員構成

徳島県内に勤務地もしくは住所を有する不動産鑑定士から構成されております。

役員

会長
村上 幸二郎
副会長
上垣 小織 森脇 英正
理事
富永 守 阿部 宏士 西岡 聖記 阿部 祐一郎 瀬嶋 宏典 澤嶋 鉄哉
監事
藤本 誠司 近藤 健

目的

「公益社団法人 徳島県不動産鑑定士協会」は、土地基本法(平成元年 法律第84号)の理念にのっとり、 会員の品位の保持及び資質の向上並びに不動産の鑑定評価に関する業務の進歩改善を図り、 不動産鑑定評価制度の発展と土地等の適正な価格の形成に資することにより、 もって県民生活の向上及び県土の健全かつ均衡ある発展に貢献することを目的としています。

詳しくは、定款をご覧下さい。

沿革

昭和44年7月
社団法人日本不動産鑑定協会四国連絡会徳島県部会
平成12年4月
社団法人徳島県不動産鑑定士協会
平成24年4月
公益社団法人徳島県不動産鑑定士協会

事業内容

  • 不動産鑑定評価制度の普及及び啓発
  • 不動産の鑑定評価、利用等に関する無料相談
  • 不動産の鑑定評価に関する調査及び研究並びに成果の公表
  • 不動産の鑑定評価に関する資料の収集及び整理並びに資料の提供
  • 不動産の鑑定評価に関する刊行物の発行
  • 会員の倫理の保持高揚と資質向上のための地価及び不動産の鑑定評価に関する研修
  • 各種研修会への講師派遣
  • 地価及び不動産の鑑定評価に関する国又は地方公共団体からの委託事業
  • その他本会の目的を達成するために必要な事業

これらの事業を徳島県内の不動産鑑定士等が、その豊富な経験と知識を結集させ行うことで、 郷土に根ざした適正な不動産鑑定評価業務が遂行される様、相互に研鑽を重ね、専門家個々の技術力向上を図るとともに、不動産に関する有用情報を発信していきます。

事務局の所在地

地図 〒770-0847
徳島市幸町1-21 K-クレストI 3F
TEL:088-623-7244 FAX:088-623-7250
受付時間 9:00~12:00、13:00~17:00

主な不動産(鑑定)評価業務

不動産鑑定士等が行う主な不動産鑑定評価業務には、以下のものが挙げられます。
  • 地価公示(国土交通省)…1月1日現在の価格
  • 地価調査(都道府県)……7月1日現在の価格
  • 国税路線価の基礎となる土地評価(国税局)…1月1日現在の価格
  • 固定資産税課税の基礎となる土地評価(市町村)
  • 競売評価(執行裁判所)
  • 公売評価(財務省,都道府県,市町村)
  • 民事訴訟事件における財産評価
  • 公共用地買収又は売却のための土地評価
  • 担保評価(金融機関)
  • 不良債権処理(民間)
  • 不動産の証券化(民間)
  • PFI事業(公共+民間)

これ以外にも、「自分が持っている土地や建物価格は、今どれくらいなのか?」、「この土地を人に貸したら、どれくらいの地代がとれるのか?」といったことから、 「現在、月極駐車場としているが、もっと有効な利用方法はあるのか?」等、より身近な不動産のカウンセリングまで、業務は広範囲に及びます。

不動産鑑定士とは

1963(昭和38年)年、土地等不動産の適正な価格の形成に資することを目的とし、「不動産の鑑定評価に関する法律」が公布され、 不動産の鑑定評価制度及び不動産鑑定士資格が誕生しました。
不動産鑑定士は国家資格とされ、不動産鑑定業(みずから行うと他人を使用して行うとを問わず、他人の求めに応じ報酬を得て、 不動産の鑑定評価を業として行うこと)を営もうとする者は、国土交通大臣又は知事の登録を受け、 その事務所毎に専任の不動産鑑定士1人以上置くこと等を義務づけられています。

不動産鑑定士は、地域の環境や諸条件を考慮して「不動産の有効利用」を判定し、「適正な地価」を判断します。 つまり、不動産鑑定士は、不動産の価格についてだけでなく、不動産の適正な利用についての専門家でもあります。

不動産鑑定士になるためには

不動産鑑定士試験の概要

不動産鑑定士試験は、司法試験、公認会計士試験と並び3大国家試験の一つと言われています。
不動産に関わるものでは、最高峰の資格です。 不動産鑑定士資格の取得には、これまで第3次試験までの筆記試験があり、そのほか実務試験、実務補修などの実務的な研修が必要でした。

しかし、平成18年度以降については、1次試験、3次試験の廃止、短答式試験の導入、実務修習制度の導入等の大幅な改正が行われました。
平成18年度以降の不動産鑑定士試験制度の詳細については国土交通省ホームページを参照してください。

試験の流れ(平成18年度以降)

短答式試験
【試験科目】 不動産に関する行政法規/不動産の鑑定評価に関する理論
【受験資格】 年齢、学歴、性別、国籍を問わず誰でも受験できます。
【試験日】 毎年1回実施
論文式試験
【試験科目】 民法/経済学/会計学/不動産の鑑定評価に関する理論
【受験資格】 短答式試験合格者
【試験日】 毎年1回実施(3日間)
実務修習
国土交通大臣の登録を受けた実務修習機関において「実務修習」を受けます。
不動産鑑定士
実務修習修了考査の結果、修了を認められ、国土交通大臣の修了の確認を受けた方が不動産鑑定士として登録することができます。
ページトップへ